経営が切羽詰まった状況になったときは売掛金の現金化

Factoring

ファクタリングをする際の必要な条件は?

外国人

ファクタリングは会社を経営していて一時的に業態の悪化や事業展開の初期投資金、また売掛金の未回収などがあった時に知っておくととても有利なサービスです。即日の資金を調達することも可能ですし、何より負債にならないので信用情報への影響もないことも非常にありがたいサービスですね。
また融資ではないので担保も不要で審査にも通りやすいというメリットもあり、急な出費や支払いにも対応できるのです。さらに債権譲渡はご存知でしょうか。償還請求権なしで債権譲渡を行ってくれるファクタリング会社を選ぶことで、もし取引先が倒産など売掛金の回収が出来なくなった場合でも、こちらがそれを支払うことなく貸借対照表などの決済の際に負債とならずに済みます。しかし法務局に申請して債権譲渡登記を行う必要があり、またもし3社間取引を行っている場合であれば、取引先へ確認をとり、承諾を得る必要があります。
ファクタリング会社がもし売掛金の回収が出来ないと困りますので、このような方法をとることになります。法務局へ登録することになりますので、2社間取引の場合であれば、取引先へ知らせる必要はありませんが、銀行の場合、これ以降に大口の融資などを申し込んだタイミングなどで調べられる可能性は高いです。

SUB MENU