経営が切羽詰まった状況になったときは売掛金の現金化

Factoring

ファクタリング会社も取引先から審査される!

女性

ファクタリングにより、売掛金を売買する際、買取額は売掛先の信用状況に応じて査定されます。取引先の規模、信用度、そして資金繰りが良い程、売掛金自体が持つ回収困難になるというリスクは低くなります。特に3社間ファクタリングの場合、買取手数料も下がるため、2社間ファクタリングよりも断然優先して検討する方が会社にとっては良い選択です。
ですが、3社間ファクタリングによりファクタリング会社が売掛金を一方的に審査するのと同様に、売掛先でもファクタリング会社が信用が出来る会社か信用チェックを行います。
取引契約を締結して安心か、反社会的勢力に加担したり、反社会的な行為をしていないかなどの審査を行うのが実情です。
結果、営業年数が浅く、知名度の低いファクタリング会社を利用し、3社間ファクタリングを希望しても、売掛先の信用チェックに通過できないという問題が生じます。そのため、3社間ファクタリングにより手数料を少しでも抑えたい場合は、利用前にファクタリング会社の信用をチェックしておくことが重要です。
特に営業年数が浅く、知名度の低いファクタリング会社は好条件を提示しても、取引上の信用が殆どないため、断られるケースが多くなります。そのため、知名度、営業年数、会社の規模が確実に評価されるファクタリング会社を選ぶのがポイントです。

SUB MENU