経営が切羽詰まった状況になったときは売掛金の現金化

Factoring

3社間ファクタリングが時間を要する理由とは?

ガッツポーズ

2社間ファクタリングに比べ、3社間ファクタリングは売掛金の買取手数料が低く抑えられるというメリットがあります。しかし、売掛金を速やかにファクタリングで売却したいとしても、資金調達が実行されるまで期間を要することがあります。ファクタリングは最短1日や2日などを掲げている会社が多いものの、実際には売掛金が発生している取引先の社内手続きを考慮していないのが実状です。
売掛先にとっては、ファクタリング会社という新規の取引先が追加されることになります。そのため、取引先の信用調査が行われ、契約に必要な書類の準備が行われます。そして、契約締結自体が社内で稟議事項となるため、手続きにそれ相応の期間を要します。
また、契約書自体に不備や問題が無いか、自社に不利益が無いかなど、社内および専門家のチェックを受けることになり、さらに期間を要するケースもあります。
そのため、3社間ファクタリングを相談しても、安易に担当者からの回答を信用せず、1ヶ月近く期間を要することも考慮する必要があります。費用を抑えて資金調達を希望する場合は、事前準備と余裕を持った行動が重要であり、急いでいる時は2社間ファクタリングで手数料の高さにはある程度目をつぶることも重要です。ですが、2回目以降は費用を抑えるため、3社間ファクタリングを検討するのも肝心です。

SUB MENU