経営が切羽詰まった状況になったときは売掛金の現金化

Factoring

即日振り込みにも対応してくれる売掛金の現金化サービス

男性

「赤貧洗うがごとし」。大昔の聖人ならいざ知らず、これが会社の現状だとすれば、相当危険な状態です。もちろん経営者の方としても、そうなるまでただ手をこまねいていたわけではなく、いろいろと手を尽くされるでしょう。知り合いに金を無心する、銀行などに融資をお願いする。しかし、どちらにも頼れないとなれば、残された手段は限られています。今回はその一つである、売掛金の現金化サービスについて紹介していきます。
売掛金の現金化サービス、おそらくネットで検索するさいは「ファクタリング」という単語で調べられたほうが探しやすいと思います。これは読んで字のごとく、会社が保有している売掛金をファクタリング会社に売却することで、現金化することができるサービスのことです。
ファクタリングは一般的な融資と違うのは、債権扱いにはならないため、借金を抱えるリスクを冒さずに現金を手に入れられます。ファクタリングは借金ではありませんから、担保もいらなければ、保証人もいりません。買い取りサービスなので、利子もなければ、返済義務も生じないのです。このサービスはまた、融資から振り込みまでのはやさも特徴です。スピーディなところであれば、即日振り込みに対応しているところもあるので、緊急の際はそういった会社を探してみましょう。

運転資金が無くなりそう!売掛金の入金さえあれば…

資本力の乏しい中小企業にとっては、大口案件は魅力的かつ収益性の高い取引ではあるものの、複数の取引を同時に行うためには運転資金が不足する可能性があります。特に売掛金の入金スケジュールは、月末締め/翌月末払いが多くなり、運転資金が減り売掛金だけが増えていくということになります。
結果、月末に近づく分だけ新たな取引を断ることになり、ビジネスチャンスを失うだけでなく、取引先の期待をも裏切ってしまいます。その際、売掛金さえ直ぐに入金されればと思うはずです。そして、この期待に答えるのが、売掛金を現金化出来るファクタリングです。
ファクタリングなら入金までの期間が短いものから、2ヶ月や3ヶ月といった長期になるものまで資金化して運転資金を確保することが可能です。特に大口契約ともなると、取引先のキャッシュフローの兼ね合いもあり、銀行振り込みではなく、受取手形となるケースもあるため資本力の乏しい企業にとっては、リスクの高い取引になり、黒字倒産といったデメリットも生じてしまいます。ですが、ファクタリングならこれらの問題を短期的に解決できるため、大口契約によって会社が受けるリスク、そしてビジネスチャンスを失う可能性も軽減出来ます。

ファクタリングから見える取引先の信用度!無料見積を活用!

ファクタリングと言えば、支払期日前の売掛金を売却し、資金化する方法です。資金繰りの改善や貸倒リスクの軽減、売掛金債権の効率的な回収といったメリットが一般的に知られています。ですが、中小企業にとって悩みである取引先の信用判断も行うことが可能です。特に社員数が少なく、信用調査を行う余裕がない企業にとってメリットがあります。
先ず、売掛金を資金化する際、取引先の信用状況や経営状況が買取額に大きく影響します。つまり、信用度が高ければ買取額は高く、信用が低ければ買取額は低くなるという点から取引先と今後も契約を継続して良いか判断が可能です。しかも、ファクタリングの場合、無料見積査定を行っている会社が多く、信用調査会社に高い費用を支払ったり、信用調査のために専任担当を配置したり、そして調査のために各機関のデータベースへのアクセス費用を節約することが可能です。
売掛金を資金化する以外にも、第三者に取引先を無料で評価して貰えるという点でファクタリングは大きなメリットになります。第三者であれば、客観的な判断となるため、自社内における取引先を擁護するといった意識も介在しないため、正確な評価も可能になります。また、複数社の相見積を無料で行えば、より精度の高い評価も可能になります。


担保や保証人など必要ない?
売掛金の資金化は業者に任せましょう!ビーピーエー株式会社が売掛金を売買させて頂きますので、融資のように保証人や担保提供などは、必要ございません。個人情報や経営状況・営業年数等も一切関係ございません。

SUB MENU